About Us 園について

わたくしたち城西幼稚園は、1949年(昭和24年)に日本基督教団城西教会により設立され、東京都から許認可を受け、キリストの教えに基づく幼児教育を行っております。
2019年3月までに2208名の卒業生を送り出しました。また、自分の受けた幼児教育をわが子にも受けさせたいとの思いから卒業生のお子様方も多数入園されております。

園の名称

日本基督教団城西教会付属 城西幼稚園

所在地

151-0066 東京都渋谷区西原1-19-3

連絡先

TEL.03-3460-4858 / FAX.03-3460-4917

ウェブサイト

www.jousai.ed.jp

創立

創立年:1949年(昭和24年)
創立者:城西教会

卒園者数

2208名(2019年3月期まで)

園長

飯島隆輔

クラス編成

年長(5歳児)クラス:すみれ組:定員25名
年中(4歳児)クラス:ひばり組:定員25名
年少(3歳児)クラス:めだか組:定員25名

教職員数

園長=1名、常勤職員=6名、非常勤職員=3名、預かり保育補助職員=1名、園務・事務会計員=1名
(合計12名)

Educational Policy 教育方針

わ たくしたち城西幼稚園では、キリストの教えに基づいた生活教育を通して、相手の気持ちや考え方を理解し「ひとりひとりを大切にする」ことを学び、子供どう し、そして子供も大人も「共に成長できる」様々な体験学習を通じて、心身の健全な発達と、愛と責任感のある人格形成の基礎を培うことを目的としています。

ひとりひとりを大切に

ひとりひとりを大切に

子どもにはひとりひとり個性があります。また、ひとりひとり生きていることの重さがあります。画一的なものや、理想像を押しつける教育ではなく個を大事にし、それぞれ自分で考えて行動する主体性のある人に育ってほしいと願って、保育にあたっております。

ともに生きる

ともに生きる

今この社会に共に生きている人間として、お互いに認め合い、他の人のことも考える子どもに育ってほしいと願っています。また、親や保育者も共に生き、共に育っていくことを目指しております。

体験を通じて学ぶ

体験を通じて学ぶ

幼児期は様々な体験を通じて学び、育っていきます。
春 にはさつまいもの苗を植え、秋にはいも掘りなど、生命の一巡を体験したり、また、製作などでは様々な素材に出会って、自分で考えて作る(創る)喜びを体験 します。園外保育では、豊かな自然に触れ、仲間と共に過ごす楽しさを知ることで、愛と責任感のある人格形成の基礎を培ってまいります。

Our Feature 園の特色

インクルーシブ保育

インクルーシブ保育

子どもの国籍や発達段階、障がいの有無などの違いにかかわらず、それぞれがひとりの人間として互いに認め、共に育つことを願ってインクルーシブ保育を行っています。毎日の生活の中で、自分のことだけでなく他の人のことも考える気持ちを育てます。

縦割保育

縦割保育

入園後4月から5月連休あけまで、地域別グループによる縦割り保育を行っています。きょうだいや近くの友達が一緒なので、安心して園生活を楽しむことが出 来ます。これにより、年令別の仲間関係だけでなく年長児年少児の交流が生まれ、幼稚園が楽しい自分の場所として生活がなされていく基礎になっています。

自発活動

自発活動

幼児期の3年間は子どもの個(自分であること)が育つ時期です。この子どもたちが、生活の中で人に追従するのではなく、自分で考え自分で選択して行動できるように援助し、子どもの主体性を育てていきます。
自発活動は遊び、生活の中で個々の子どもを育て、また、他の人と一緒に楽しい生活をすることから、お友達に親しみ、共に生きる姿勢を身につけていきます。

お弁当による昼食を採用しております。

お弁当による昼食を採用しております。

子ども達にとって、自分のために家族が作ってくれたお弁当はとても嬉しいものです。お弁当によって子ども達は親の愛情を感じ、大事な幼児期に深い信頼関係が確立されます。
幼児期には食欲も好みも個人差がありますし、また、アレルギー等で食べ物に注意を必要とする方もありますのでお弁当の方がそれぞれに応じたものを与えることができます。